最終更新日: 2018/12/12

 
12月15日(土)午後2時より
大阪革新懇:講演と文化のつどい
会場 住まい情報センター
参加費 1000円

全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 


11月号「革新懇インタビュー」に登場するの
は、琉球新報編集局次長の島洋子さん。
先の沖縄知事選で玉城デニーさんはなぜ
圧勝したのか。その理由を県民意識や沖
縄経済の変化まで掘り下げて探り、デニ
ー知事誕生が全国に投げかけた問題の
大きさを明らかにします。

 

 

年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ
検索

リレーエッセイ・私論・公論 - 浪速区新区長、テロを肯定する発言

浪速区新区長、テロを肯定する発言

カテゴリ : 
一般
 2012/6/25 13:30
 

   橋下市長が任命した浪速区の新区長の玉置賢司氏がツイッタ-で「近頃の日本は右翼があかん政治家を殺したりせえへんようになった」とツイートしていたことが報道され、ネット上でも大きな話題になっている。同氏は菅直人前首相についても「懲役に行く覚悟で殴ってやる」とも書いている。
 同氏は朝日新聞の取材に「公人になる前とはいえ、暴力を肯定する発言は社会人として軽率だった。ほかの高木長に対する不信につながるなら申し訳ない」と述べている。

 玉置氏は奈良県出身。公募区長の選考では、浪速区内の空き地活用策や自衛団を使った治安回復策などを提案したという。


もともと橋下市長が面接をして選ばれた区長だから、区長として何をするかは橋下氏の下僕として彼の「改革」を実行するに尽きると思っていたが、こんな発言をする人物だから、その「自衛団」というのがはたしてどんなものか怖くなってきた。

こんなぶっそうな人物が区長になるとはとんでもないことだ。橋下市長の任命責任を問いたい。(M)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2062)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/colmun2/tb.php/62