最終更新日: 2018/11/12

 
12月15日(土)午後2時より
大阪革新懇:講演と文化のつどい
会場 住まい情報センター
参加費 1000円

全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 


11月号「革新懇インタビュー」に登場するの
は、琉球新報編集局次長の島洋子さん。
先の沖縄知事選で玉城デニーさんはなぜ
圧勝したのか。その理由を県民意識や沖
縄経済の変化まで掘り下げて探り、デニ
ー知事誕生が全国に投げかけた問題の
大きさを明らかにします。

 

 

年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ
検索

リレーエッセイ・私論・公論 - 憲法、絶対守るで!

憲法、絶対守るで!

カテゴリ : 
一般
 2013/7/23 11:13

 言うとくけど、
選挙結果の民主主義を騙って、憲法や教育基本法をいじるのは承知せん。

憲法は、↑↑こーいう事態を予想してる。
最高法規ってのは、欲の皮のつっぱったオッサンが、
机上でどないかして国民をコントロールしたろうって、
頭ひねるようなスケールのちっちゃい話と違う。

第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

永久の権利の話やで。
過去から、人類から、信じて託された。
人間を大事にしよう、未来を大事にしようって託されたもの。

「隣のならずもの国家が」「ろくでもない隣国が」って、
よそから見たら、私らの国かてそーや。
正義を言いたてて、ナショナリズムを煽り、
軍隊を持つことを望むのは誰?
自衛のためと言わずに戦争する国がある?

憲法は、自分を脅かすのが誰か知ってる。
それは、国民ではなく、欲の皮のつっぱった権力。
国民を、あの戦争へと駆り立てたものの正体が、その権力やと知ってる。
憲法は悲痛な思いで存在してる。

私は、憲法を絶対に守る。

(ゆりひなな)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2728)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/colmun2/tb.php/74