戦争法廃止ポスター 1枚60円 

大阪革新懇まで

全国革新懇35年史 一冊1200円
申し込みは全国革新懇
FAX03-3470-1185

 


全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 20
今月 : 576
総計 : 186192
オンライン状況
1 人がオンライン中です。 (1 人のユーザが 地域・職場革新懇の活動 を参照しています。)

地域・職場革新懇の活動 - 最新エントリー

 大阪14区の「野党共闘を求める呼びかけ人の会(仮称)」が、12日に「リックはびきの」で初めて集まりを持ちました。
    10月末から有志が相談を重ね、各市で集いや憲法カフェなどを催しました。そこで「野党共闘を求めるの会」呼びかけ人を要請し、今回4市から25人が参加しました。
    大阪革新懇服部事務局長から、安倍政権を追い詰めつつある情勢や各地の「市民連合」結成などの動きを聞きました。参加者からは、「市民目線で願いを聞いていかないと」「市民として要求をまとめ政党に突き付けよう」「多彩な人を呼びかけ人に」若者からは、「受け入れやすい柔らかな名称で呼びかけたら」など活発な意見が出ました。
    今後の会や集いの計画を決め、更に広げていこうと確認して終わりました。

寝屋川成人の日宣伝

カテゴリ : 
地域革新懇
 2017-1-10 10:29
 ねやがわ「成人の日 平和行動」に45名
     「戦争はアカンで」友達誘って署名

 寝屋川憲法を守る会は1月9日、寝屋川市民会館前で「成人式 平和行動」を行い、新婦人の会、母親連絡会、校区9条の会、共産党市議団など各団体から45名が参加。戦争法の廃止・南スーダンから自衛隊は撤退をなどの署名が16人集まり、署名付きはがきビラを200枚配布しました。
 「成人の日おめでとう、若者に正規雇用と平和な日本を」の横断幕をかかげ、「若者がまともに働ける社会を」「安心して学べる奨学金を」「若者を危険にさらす戦争法の廃止を」と次々に訴えました。
 「戦争はアカンで」とまわりの友達を誘って署名する光景や。参加した元教員や元保育士さんが教え子と出会い、近況を報告し思い出話に花が咲きました。日本共産党市会議員団もお祝いの訴えをしました。

羽曳野革新懇沖縄ツアー

カテゴリ : 
地域革新懇
 2016-12-26 14:12

 羽曳野革新懇は11月15日から、3年連続の沖縄支援で高江でにお座り込みに参加しました。

参加者はあらためて平和の大切さを痛感し、戦争法廃止に決意を新たにしました。

寝屋川革新懇総会

カテゴリ : 
地域革新懇
 2016-12-7 10:47
 2016年寝屋川革新懇総会
   市民と野党の共闘で政治を変えよう
 
11月23日、寝屋川革新懇2016年総会が開かれ51名が参加。加藤昌孝世話人代表が「TPP・年金改悪強行、自衛隊の南スーダン派遣、原発再稼動、沖縄基地建設と安倍暴走政治が止まらない。トランプのTPP離脱宣言など、国内外での矛盾は増大している、野党共闘の実現でストップをかけよう」と開会あいさつ。続いて、2016年の総括と17年活動方針・世話人の提案が村上眞也事務局長から行われた。討論では、「今なぜ、部落差別の解消の推進に関する法律制定なのか、断固反対」「学校統廃合をともなう小中一貫校建設は、教職員・保護者・住民の意見を聞くべきだ」「市民アンケートで廃プラごみは焼却が70%、ゴミ減量を市民運動に」「北川市政は、命を守る・市民の声を聞く、を市政の柱にして頑張っている」「4月から子ども食堂がスタート、NPO法人を立ち上げ行政にも働きかけていく」「三井・明徳校区九条の会が結成11年をむかえ、平和のつどいを開催」「被爆者署名を世界中で数億集め、核兵器廃絶を実現する道筋をつくる」など各分野から7名の発言・交流が行われた。
その後、「市民と野党の共同と憲法改悪阻止展望」と題して、冨田宏治さん(関西学院大学法学部教授)が記念講演。「トランプとプーチンに袖にされた安倍首相は、改憲勢力2/3をこえたというものの、世界の民主主義の流れにすべて反し矛盾は増大している。来るべき総選挙で、300の小選挙区で野党共闘ができれば、政権交代の可能性がある。青森知事選挙で勝利したように投票率が10%アップすれば大きな変化が起こる。オール沖縄のように市民と野党の共闘をすすめ、本気で対話し説得すれば展望は開かれる。」と強調された。
討論のまとめと方針・世話人を拍手で採択。山川美英顧問が「国連の第1号決議は原子兵器の禁止でした、70年たってやっと禁止条約が実現しようとしています。署名に全力をあげたい」と閉会あいさつ。最後に「次期衆院選挙で野党共闘を追求し安倍政権打倒をめざそう」の総会宣言を採択。この総会で新たに4名の会員が増えました。
 ねやがわ第218回「ゲンパツいややん」行動
     黙っていたら次から次へと再稼動
       若者がカンパ寄せる

 11月11日、第218回「ゲンパツいややん」金曜日行動が京阪寝屋川市駅前で行われ7名が参加しました。「避難路がない−伊方原発は停止せよ」の横断幕をかかげて宣伝。「福島第一原発は5年たっても9万人の県民が避難生活を強いられています。汚染水が増え続け、収束のめどは立っていません。安倍首相は原発の輸出に躍起となり、電力会社は何の反省もなく再稼動を推進する無責任な態度をとり続けています」「原発は今すぐ停止・廃炉へ、国民が声を上げましょう」「福島では原発事故後、子どもたちに甲状腺がんが多発しています、原発事故を忘れてはなりません」と訴えました。福島県の農民組合と連携する新婦人会員から「福島の農民は震災・原発事故に加えてTPP強行で三つの被害に苦しめられ、まともな補償はされていない。原発再稼動は許されない」の報告。
 原子力規制委員会が9日、「九州電力玄海原発3・4号機の再稼動審査了承した」新聞報道をビラにして配布。訴えを聞いていた婦人と若者が「カンパは集めてないのですか」と参加者に声をかけ、手渡してくれました。

(1) 2 3 4 ... 75 »