最終更新日: 2018/11/12

 
12月15日(土)午後2時より
大阪革新懇:講演と文化のつどい
会場 住まい情報センター
参加費 1000円

全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 


11月号「革新懇インタビュー」に登場するの
は、琉球新報編集局次長の島洋子さん。
先の沖縄知事選で玉城デニーさんはなぜ
圧勝したのか。その理由を県民意識や沖
縄経済の変化まで掘り下げて探り、デニ
ー知事誕生が全国に投げかけた問題の
大きさを明らかにします。

 

 

年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ
検索

地域・職場革新懇の活動 - ふくしまを忘れない・寝屋川大集合

ふくしまを忘れない・寝屋川大集合

カテゴリ : 
地域革新懇
 2018/3/12 10:47
 ふくしまを忘れない−3.11寝屋川大集合に60名

 福島第1原発事故から7年目となった3月11日、京阪電車寝屋川市駅前で開催された「ふくしまを忘れない−3.11寝屋川大集合」に60名が参加し、ゲンパツいややん!再稼動反対!の署名宣伝行動を行いました。
 市内各団体代表6名の方々が訴えました。山口美津子さん(新婦人)は、昨年寝屋川に来られた福島生業裁判原告団の皆さんの苦労を涙ながらに訴え、福島を忘れてはならないと決意を述べました。加藤昌孝さん(革新懇代表)は、安倍政権の国民無視・民主主義破壊の政治を国民世論で追いつめよう、原発廃炉は国民共通の願いだ。太田徹さん(日本共産党市議)は、原発事故から7年経っても、7万人が避難生活を送っている、一日も早く元の生活に戻すことが政治と東電の責任だ、原発は今すぐ廃炉に。大西智子さん(ゲンパツいややん行動)は、福島への現地調査に参加した経験から、1日も早い復興と生業をとりもどすために私たちができることを精一杯したい。船越久志さん(自然エネルギー市民の会)は、太陽光市民発電所を3基立ち上げた経験を報告し、原発から再生エネルギーへの転換を推進しよう。田中美代子さん(福島県出身)は、福島での原発建設時の熾烈な住民反対運動を紹介し、やっぱり事故が起こった悔やんでも悔やみきれない。故郷を想い抗議の相馬盆唄を披露しました。
 最後に、参加者全員で「ゲンパツなくそう、再稼動反対、子どもを守ろう」の原発ゼロコールを唱和しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (317)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/report/tb.php/393