最終更新日: 2017/12/07

 

 

 全国革新懇第37回総会記録集 500円


戦争法廃止ポスター 1枚60円 
大阪革新懇まで

 
全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 16
今月 : 405
総計 : 192922
オンライン状況
13 人がオンライン中です。 (2 人のユーザが 地域・職場革新懇の活動 を参照しています。)

地域・職場革新懇の活動 - 最新エントリー

 総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会が「監視・密告社会をつくる共謀罪反対」の街頭宣伝

戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会は4月6日、午後5時半より、古市駅前で共謀罪法案の廃止を求める宣伝・署名行動を行いました。宣伝には自作の「あなたもねらわれている!話し合うだけで犯罪 共謀罪反対」の横断幕と「オリンピックのためはウソ 狙いは監視・密告社会 共謀罪NO!」などのプラスター4枚を掲げて行いました。
事務局の湯浅氏は「共謀罪の捜査で、犯罪の捜査の在り方が一変します。通常の捜査は、被害があったその現場からさかのぼって犯人を特定します。しかし共謀罪はまだ何ら被害が出ていないのにどうやって共謀の調査をするのでしょうか。それは、日常的に市民が法律に違反する行為を話し合っていないか広く監視する以外にありません。そのためには、市民の会話や電話、メールなどの盗聴が大きな役割を果たします。もう一つは、スパイを送り込むか協力者をつくり密告させることです。」と訴えました。
9条の会の林さんは「戦前、治安維持法によって、日本共産党から始まり、その周辺の団体、創価学会や天理教、キリスト教などの宗教団体、学生まで逮捕され、『戦争反対』の声が封じられ、日本は戦争への道を突き進みました。その歴史を繰り返してはなりません」と訴えました。 
参加者は「国会の論戦が始まったばかりでまで関心は低い。これからの宣伝が有効になってくる。頑張って続けていこう」と確認し合いました。
宣伝には13名が参加し、5人がマイクを握りました。署名は24人分、ビラは100枚配布しました。

 衆院大阪15区「市民連合」結成の集い
      4月9日 区内から277人が参加
 資質が問われる閣僚、その閣僚による暴走政治への批判が強まる中、市民と野党の共闘で政治を変えようと、衆院大阪15区(松原市・富田林市・河内長野市・大阪狭山市・太子町・河南町・千早赤阪村・堺市美原区)で、「安保法制廃止、立憲主義をとりもどす市民連合」が結成されました。「集まろう『市民+野党』」と題した結成の集いは、桜が満開の4月9日、富田林市内で開催され、277人が参加しました。
 18人の呼びかけ人を代表して小林宏至さんが、「15区としての魅力ある地域政策を練り上げ、野党とともに実現させたい」とし、「15区ならではの市民連合にしていきましょう」と挨拶しました。
  集会では「(前略)政治を変える道は一つです。くらしと平和をなんとしても守りたいと願う市民がバラバラではなく、また政権交代をめざす野党がバラバラではなく、市民と市民が手をつなぎ、市民と野党が手をつなぎ、そして野党 と野党が手をつなぐ道です。これまでの行きがかりにこだわらず、互いに尊敬し、信頼しあって進む道です(後略)」との市民連合結成宣言を力強い拍手で確認し、呼びかけ人と野党代表が壇上で勢揃いし、参加者全員がガンバロー!を三唱しました。衆院大阪15区での「市民と野党の共闘で政治を動かす」新しいスタートとなる熱気あふれる集いでした。  
 大阪14区の「野党共闘を求める呼びかけ人の会(仮称)」が、12日に「リックはびきの」で初めて集まりを持ちました。
    10月末から有志が相談を重ね、各市で集いや憲法カフェなどを催しました。そこで「野党共闘を求めるの会」呼びかけ人を要請し、今回4市から25人が参加しました。
    大阪革新懇服部事務局長から、安倍政権を追い詰めつつある情勢や各地の「市民連合」結成などの動きを聞きました。参加者からは、「市民目線で願いを聞いていかないと」「市民として要求をまとめ政党に突き付けよう」「多彩な人を呼びかけ人に」若者からは、「受け入れやすい柔らかな名称で呼びかけたら」など活発な意見が出ました。
    今後の会や集いの計画を決め、更に広げていこうと確認して終わりました。

寝屋川成人の日宣伝

カテゴリ : 
地域革新懇
 2017-1-10 10:29
 ねやがわ「成人の日 平和行動」に45名
     「戦争はアカンで」友達誘って署名

 寝屋川憲法を守る会は1月9日、寝屋川市民会館前で「成人式 平和行動」を行い、新婦人の会、母親連絡会、校区9条の会、共産党市議団など各団体から45名が参加。戦争法の廃止・南スーダンから自衛隊は撤退をなどの署名が16人集まり、署名付きはがきビラを200枚配布しました。
 「成人の日おめでとう、若者に正規雇用と平和な日本を」の横断幕をかかげ、「若者がまともに働ける社会を」「安心して学べる奨学金を」「若者を危険にさらす戦争法の廃止を」と次々に訴えました。
 「戦争はアカンで」とまわりの友達を誘って署名する光景や。参加した元教員や元保育士さんが教え子と出会い、近況を報告し思い出話に花が咲きました。日本共産党市会議員団もお祝いの訴えをしました。

羽曳野革新懇沖縄ツアー

カテゴリ : 
地域革新懇
 2016-12-26 14:12

 羽曳野革新懇は11月15日から、3年連続の沖縄支援で高江でにお座り込みに参加しました。

参加者はあらためて平和の大切さを痛感し、戦争法廃止に決意を新たにしました。

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 78 »