全国革新懇第37回総会記録集 500円


戦争法廃止ポスター 1枚60円 
大阪革新懇まで

 
全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 1
今月 : 563
総計 : 188432
オンライン状況
2 人がオンライン中です。 (1 人のユーザが トピックス を参照しています。)

トピックス - 沖縄での県民集会

沖縄での県民集会

カテゴリ : 
トピックス
 2016-6-22 14:22
 「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」&「革新懇・安保主催6・18沖縄連帯学習交流集会」

★6・18沖縄連帯学習交流集会(主催・安保破棄中央実行委員会・安保破棄沖縄統一連・全国革新懇・沖縄革新懇)参加者50名(革新懇参加者 本部3名・兵庫1名・東京1名・大阪2名)
 6月18日(土)午後3時〜5時(沖縄前島・とまりん)
あいさつ○安保破棄沖縄統一連・新垣繁信(今、新しい国づくりが始まっている)○全国革新懇・牧野富夫(安保破棄が身近な問題となった。オール日本で闘おう)○日本共産党衆議院議員・赤嶺政賢(安保条約のもとで、基地があり、県民が被害を受ける。安保反対の世論を広げるのは私たち)○伊波洋一・参議院議員候補(戦後71年続いた基地、辺野古に耐用年数100年の基地をつくることは未来永劫子供たちに基地を残すことになる。なんとしても勝利したい)
訴え○横須賀米兵強盗殺人の遺族・山崎正則
報告○沖縄革新懇代表世話人・弁護士 仲山忠克(安保条約とは何かと問いただす、沖縄特別論では沖縄問題を解決できない。海兵隊特殊論は間違い、海兵隊だけが凶暴なのではなく軍隊そのものが問題。憲法の平和主義は軍事力のない平和力、安保条約は軍事力による平和。しかし82%が安保支持、憲法と安保は矛盾するがその矛盾が沖縄で表れている。オール沖縄のたたかいは安保破棄ではないが、異議申し立てであることは確か。オール沖縄の翁長知事を支えること。全国的世論が勝敗を決する)
★元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会
6月19日(日)午後2時(奥武山・おうのやま公園)65000人
 開会2時間前から続々と参加がつめかけました。共同代表や、参加者のスピーチは犠牲者への追悼と鎮魂にあふれながらも基地撤去の深い決意を語り、涙を誘った。翁長知事が海兵隊撤退、辺野古新基地建設の阻止に不退転の決意を示したあいさつは力強く参加者が万雷の拍手で応える場面は感動的だった。
翌日の琉球新報、沖縄タイムスはどちらも全面を使った記事。朝日、毎日各紙との扱いの違いがはっきり。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/topics/tb.php/546