最終更新日: 2017/12/07

 

 

 全国革新懇第37回総会記録集 500円


戦争法廃止ポスター 1枚60円 
大阪革新懇まで

 
全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 16
今月 : 405
総計 : 192922
オンライン状況
4 人がオンライン中です。 (2 人のユーザが トピックス を参照しています。)

トピックス - 森友学園問題で自民党本部に抗議要請

森友学園問題で自民党本部に抗議要請

カテゴリ : 
トピックス
 2017-3-16 16:11
大阪革新懇は自民党本部に抗議要請をしました 

自民党本部 御中

森友学園疑惑を究明する4野党の調査権妨害を止め、国会での参考人招致を実現せよ
                
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)
 
本日(15日)に参議院が現地調査を行い、野党4党が午後に森友学園理事長から話しを聞くとしていることに貴党は「しないで欲しい」と妨害しているとニュースがあるが、許しがたい暴挙である。国会議員の調査権が保証されていることは当然であり、国民の大多数が疑惑の解明を求めていることから、当然の調査活動である。一切の妨害はやめることを求める。
今だに自民党と公明党は参考人招致を与党が拒んでいるが、拒否の理由に理屈が立たない。小学校の設置認可申請を取り下げ、籠池氏が理事長辞任を表明したことをもって、自民党、公明党は「参考人招致は必要なくなった」としているが、これで幕引きするわけにはいかない。
ましてや今回は国民の財産である国有地が格安の価格で売却されたという問題であり、解明しないのは国会の責任放棄というものである。
確かに、自民党や公明党には「籠池氏は何を言い出すか分からない」との不安が強まっているようだが、調査、参考人招致を拒む理由はこれしかない。やましい所がないなら招致を認めればいいだけの話である。
国会議員の調査妨害に抗議し、国会での参考人招致を行うことを強く求める。 
2017年3月16日
 

市民の会ニュース PDFでここから読めます 1面
                      2面

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/topics/tb.php/564