最終更新日: 2018/09/05

 

全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 

全国革新懇ニュース6月号インタビューは
政治学者 白井聡さん
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ

 

 

検索

トピックス - 大阪革新懇緊急アピール

大阪革新懇緊急アピール

カテゴリ : 
トピックス
 2018/3/12 20:32

(緊急アピール)
安倍首相も麻生大臣も逃がさない!「国民が決める」行動を

2018年3月12日
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)
代表世話人一同

安倍晋三首相と麻生太郎財務相に、忠実だった佐川国税長官が9日辞任しました。
戦後初めての深刻な疑惑が国民を驚かせ、国会と司法による真相究明が求められています。この事態は内閣総辞職に値する問題であり、国有地払下げ「決済文書」の隠滅、刑事犯罪である虚偽公文書作成罪になる国民背任の大罪です。
公文書が書き換えられていたことは、民主主義の根幹にかかわる問題であり、前代未聞の事件です。日本の民主主義にとって絶対に見逃せない問題であり、佐川氏、安倍昭恵夫人などの証人喚問をはじめ徹底的に究明されるべき問題です。そして安倍晋三首相と内閣の全員を総辞職に追い込まなければなりません。
前川喜平・前文部科学事務次官は、「行政的に無理なことは、役人は自発的にやるはずがない。どうしても何らかの政治の力が働いているからこういうことが起こる。どういう政治の力がどう働いているかに、問題の本質はある」と語っています。
誰が指示し、何のために「決済文書」を書き換えたのかを明らかにさせていこうではありませんか。公務員の「下僕化」をもって権力を維持してきた安倍内閣は、市民と野党の共闘によって危機に追い込まれています。

大阪革新懇の賛同団体・労働組合、地域革新懇、美術家革新懇、メディア革新懇は、安倍内閣を倒すこのチャンスを逃さず行動に決起しましょう。そして、安倍内閣を打倒しましょう。これは安倍改憲を止める展望だけでなく同時に、森友学園を基準緩和してまで認可し、大阪府議会の百条委員会設置を逃げまわっている松井知事と維新の責任を明らかにしていくことになります。
すでに、国会では野党が共闘して追求し、全国で大阪で、広範な市民レベルの宣伝や市民パレードが展開され、市民の関心は急速に大きく高まっています。
3000万署名の行動では、高校生や青年との対話も弾み、「安倍さんは私をだましていたのか」「安倍政治の怖さわかった」など、会話が弾みます。
街角で、職場で、駅頭で真相究明を求める宣伝対話、安倍9条改憲を許さない3000万署名すすめながら、政治を語りあいましょう。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (281)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/topics/tb.php/600