最終更新日: 2018/10/15

 

全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 

全国革新懇ニュース10月号インタビューは
歌人・細胞生物学者 永田和宏さん
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ

 

 

検索

トピックス - 大阪革新懇・活動ニュース第15号

大阪革新懇・活動ニュース第15号

カテゴリ : 
トピックス
 2018/4/9 16:07

 福島・沖縄に連帯して〜原発ゼロ・核兵器をなくす 第7 回アートフェア(中央公会堂)に260人ご参加

   4月4日から6日までの 3日間、中之島中央公会堂ギャラリーで開催し ました。今回も昨年に引き続き、大阪革新懇、美術家革新懇、大阪原水 協の共催です。出品者は32名、作品は145点、会期中の入場者は2 60名で、頒布総額は約89万円した。 今回は特別企画として、元大阪府知事の黒田了一さんのご遺族から寄 贈された黒田さん所蔵の書画の展示即売を行いました。イベントは 4 日 に「核兵器禁止条約の意義と課題」についての講演を冨田宏治(関西学 院大学副学長・代表世話人) 。5日に元日本共産党大阪府委員長の菅生厚 さんによるトーク「黒田了一さんと革新懇誕生秘話」、6日に津軽三味線 弾き語りを元全教委員長の松村忠臣さん、また DVD「いのちの海」上映 を随時行いました。初日の冨田教授の講演には開始30 分前から会場は一 杯。北朝鮮情勢からトランプ大統領の話で会場が沸きました。原水爆禁 止条約の話では「とてもよくわかり、確信が持てた」との声がきかれま した。5日のイベントには黒田さんの娘さんお二人と家族も参加され、素晴らしい機会を作ってもらえ たと喜んでいただけました。黒田さん直筆の色紙や著名人の色紙を購入された方が「家宝にします」 と感動してもらえたこともうれしい話でした。最終日は松村さんの津軽三味線の演奏とお話で楽しい ひと時を過ごすことができました。 美術家革新懇のみなさんの力作ぞろいの作品も見ごたえがあり、黒田家寄贈の書画展示と合わせ、 充実したアートフェアとなりました。アートフェアも 7 回を重ね、来場者がなかなか広がらず、販売 も頭打ちとなり、年々開催が厳しくなっていますが、支援を継続することが被災地や沖縄への激励に 少しでもなればと奮闘しています。ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます、ありがとうーござい ました。

大阪15区市民連合が呼びかけた4月5日の 森友疑惑徹底糾明、安倍内閣退陣緊急行動に150人 ― 怒りと共感を呼んだのは近畿財務局 OB の発言 ―

   4月5日午後5時から河内長野中村池公園で、「4/5森友疑惑徹底 糾明、安倍内閣退陣緊急行動」が行われました。呼びかけは衆院大阪1 5区市民連合。緊急の呼びかけにもかかわらず15区内から150人を 超える参加者。「疑惑の徹底糾明、安倍内閣の退陣を」の主催者挨拶の 後、自由党サポーター、前南河内教組委員長、地元の日本共産党市議等 参加者から発言。特に怒りと共感を呼んだのは近畿財務局 OB の発言。 「闇の中での前代未聞の不正に、近畿財務局幹部OB も『そこまでやる のか』と驚いている。首相や夫人からの働きかけ、日本会議や維新の会議員の関与などの経緯全てが 削除されており、こうした行為自体が『安倍事案・昭恵案件』が近畿財務局内でも常識となり特別な 対応、処理が行われたことを裏付けるもの…」。集会後参加者は河内長野駅前まで怒りのパレード。引 き続き駅前で60人余りの参加者でリレートーク・大宣伝を行いました。(河内長野革新懇・鈴木晋司)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (173)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/topics/tb.php/602