全国革新懇インタビュー集
1500円 大阪革新懇で販売してます

 


2019年2月号「大阪革新懇だより」200号に掲載された大阪市立大学商学部教授、本多哲夫さん。長年大阪の地域経済を調査・研究しています。

検索

トピックス - 大阪革新懇・活動ニュース第54号発行しました

大阪革新懇・活動ニュース第54号発行しました

カテゴリ : 
トピックス
 2018/12/20 10:52
NEWS ・・・・
  【堺市議会が辺野古新基地建設意見書採択へ】
半年かけた市民の取り組みに市議会が応えました。 500人を越す請願署名スタート集会、9221筆の請願署名提出、10万枚の市内全域ポスティングなどが実を結びます。
この運動を取り組んでいる市民団体「堺からも声を」には、堺市で「市民と野党の共闘」に取り組んでいるメンバーや堺市民懇(革新懇)、宗教者など幅広い市民が協力し合っています。「誠実な対話を求める」意見書案はソレイユ堺(8人)が提出し、「住民理解が乏しい上での土砂投入工事実施」が国と地方自治体との関係で「悪しき前例となる」と指摘。国と県、地元市町村との「誠実な協議を通じた事態の打開」を求め、維新(13人)、共産(6人)、無所属が賛成していると、朝日新聞は報じました。明日20日の本会議で可決されることになりますが、「堺からも声を」は本議会開会前のスタンディングと議会傍聴を呼びかけています。市民団体の前田 純一さんは「全国津々浦々の自治体議会から意見書が上がれば安倍への打撃になりますね。特に維新の強い大阪府下では、堺の意見書と同内容であれば可決できる可能性が生まれます」と語っています。
参考案内 ・・・・
市民と野党の共闘すすめる「大阪アピール」(呼びかけ人、富田宏治さん、梅田章二さん、二木洋子さん、笑福亭竹林さん、木戸衛一さん、長崎由美子さん、山元一英さん、山川義保さん、木津川計さん、渡辺武さん、鰺坂真さんら)が、大阪府下で活動する18の市民連動運動団体に呼び掛けて開催する下記の講演会への参加を呼び掛けています。(毎日新聞が事前案内)  
12・22講演会「市民運動が選挙を変える」(12月22日土曜日午後1時30分、PLP会館・地下鉄「扇町駅」そ亳)

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (226)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://kakusinkon.com/modules/topics/tb.php/637