全国革新懇第37回総会記録集 500円


戦争法廃止ポスター 1枚60円 
大阪革新懇まで

 
全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 9
今月 : 587
総計 : 188456
オンライン状況
2 人がオンライン中です。 (1 人のユーザが トピックス を参照しています。)
  • カテゴリ トピックス の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

トピックス - トピックスカテゴリのエントリ

 

大阪革新懇活動ニュース第21号(2017年6月19日)
☆「野党統一候補の実現めざす大阪アピール」運動が計画され、8月4日、午後6時30分からエルおおさか南館ホールで「野党統一候補の実現めざす市民のつどい@おおさか」(記念講演:佐高信さん)が開催されます。
この運動は、梅田章二弁護士、山元一英さん(全港湾大阪支部顧問)、二木洋子さん(市民連合高槻・島本)、大阪革新懇代表世話人でもある鰺坂真さん、渡辺武さん、杉本和さん、冨田宏治さんら21人が呼びかけ、一口1000円の賛同人を組織しながら、大阪の全小選挙区19区に「野党統一候補」の実現を求める市民運動の計画です。
(チラシは今週22日に出来上がる連絡を受けています)
内閣支持率軒並み急落の激変情勢、いま大きく情勢を切り開く地域からの運動が問われています。大阪革新懇は、要と架け橋の役割を果たし、全国ですすむ県レベルの「市民と野党をむすぶ」活動と連帯し、全力をあげていきます。
 
☆6/17みんなで変えよう@大阪14区結成
会場から参加者が半端でない人数があふれました。
14区(八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺)で300人越す参加者で、結成です。国会でのアベ政治への怒り、共謀罪の強行、国政の私物化許さない気持ちの表われです。憲法を、政治を、市民の手に取り戻すたたかいの始まりとなりました。5人の野党代表も、7人の参加者の発言も、どれも様々な暮らしと闘いから出た発言が続きました。集まった大阪14区4つの市民の皆さんの素晴らしさを感じました。
西郷南海子さんのお話は日頃の対話や行動で相手の言葉をリスペクトの気持ちで受け止める大切さを学びました。参加していたママパパたちも、集会に感激して、「第2弾、第3弾を考えちゃいましょ」と意欲満々。私たち革新懇もこれに力を得て、いよいよ本番の気持ちをもって進んでいきます。

☆大阪革新懇の賛同団体による会議を開催いたします。
目 的:「団体と野党共闘」の課題交流と意見交換
日 時:6月22日(木)午後3時30分より2時間30分以内
場 所:大阪自治労連会議室(大阪グリーン会館4階)
要 請:大阪革新懇に参加頂いている労働組合、民主団体、美術家革新懇
メディア革新懇(準備)から参加をお願いします。

(アピール)
共謀罪強行成立に抗議する。
「アベ政治」を終わらせ、廃止めざそう!

2017年6月15日
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)

本日15日早朝、参議院本会議で自民・公明・維新などによって「共謀罪」法案の採決が強行されたことに渾身の怒りをこめて強く抗議します。森友問題、加計問題に幕引きをしたいアベ政権は18日の会期内に成立を図ろうと、法務委員会での採決を省略してまで、本会議での採決強行という議会制民主主義を踏みにじる暴挙を行いました。
2014年の「特定秘密保護法」、2016年の「戦争法」成立に続く、「共謀罪」の成立は「戦争する国」体制づくりの一環です。そして、安倍首相は2020年には「憲法改悪」を行うと公言しています。
答弁できない大臣を重要法案の責任者にし、国会での審議の形骸化を行い、時間切れを口実に採決を強行するというアベ政権の議会制民主主義の破壊は目に余ります。
このような安倍政権の一日も早い退陣を求めるものです。そして、来るべき総選挙で「戦争法」「共謀罪法」を廃止する政府の実現を目指しましょう。そのためにも今、全国で展開されている「市民と野党の共闘」の拡大、前進が強く求められます。この大阪でも、各地で「市民と野党の共闘」を求める運動が広がり、「野党統一候補の実現めざす大阪アピール」運動が計画されています。 
「共謀罪」を成立させた自民・公明・維新各党への抗議を強めるとともに、「アベ政治を終わらせ、戦争する国づくりにストップをかける政治の実現」で一致できるあらゆる人々との壮大な対話と共同づくりを本格的に進めようではありませんか。

以 上

 

大阪革新懇・活動ニュース 2017年6月1日  第19号

絶対に共謀罪阻止、あきらめが禁物! 会期末―参議院で廃案に追い込む行動を!
大阪革新懇は「共謀罪」衆院強行採決に抗議し、5月24日に抗議と参院廃案要請を送りました。18日最終日採決に持ち込む腹です。個人でもぜひ、抗議文を集中してください。
<抗議先>
〇自由民主党  FAX 03−5511−8855
〇公明党    FAX 03−3353−0457
〇日本維新の会 FAX 06−4963−8801
大阪革新懇の「共謀罪強行採決に抗議し、参議院では審議せず廃案とすることを求めます」原文は大阪革新懇のHP、FBに掲載しています。

「戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会」が31人で宣伝
5月26日(金)の宣伝には29名が参加し、6名がマイクで訴えました。署名は31人分、ビラを200枚配布しました。
孫を連れた年配の女性は「野党の質問にまともに答えない。まともに答えられないことばかり。あれで審議を尽くしたなんておかしい」などと署名に応じてくれました。
「右翼団体にあやつられ、国民の命とくらしをないがしろにし、戦争する国へと突き進む安倍政権は一日も早く退陣させるために、みんなで声を上げていきましょう」と、杉山弁護士や治安維持同盟の有川さん、事務局の西村さんが訴えました。
大阪12区市民連合SNDが4駅街頭宣伝〜共産党・自由党も参加
衆議院大阪12区市民連合(SND)は、4月1日の結成集会後、「市民と野党で安倍政治ノーを」と訴える市民向けのチラシ4万枚を作成し、四條畷、寝屋川、大東の各市で賛同署名を進めてきました。また、幟・横断幕も作成し、5月27日(土)結成後初めての4駅街頭宣伝行動を行いました。呼びかけ人の加藤昌孝寝屋川革新懇世話人は4駅全てで「市民と野党の共同で安倍政治を終わらせよう」と訴えました。四條畷の忍ケ丘駅では、呼びかけ人の山本敬一郎氏(なわて子ども食堂代表)が「子どもの貧困問題」で安倍政治を批判。この宣伝行動に、大阪12区の予定候補者として日本共産党から松尾まさのり氏、自由党から真白リョウ氏が参加。松尾氏は、共謀罪の危険性を訴えるとともに、まともに答弁しない・出来ない与党の国会答弁を批判。真白氏は、祖父の戦場での自決に触れ、多くの人々の犠牲の上につくられ、今日まで守られてきた平和憲法に保障された諸権利が奪われようとしていることを告発しました。

各地域で宣伝、廃案要請をすすめましょう!
府的配置行動にも可能なところは参加ください
6月 7日(水)昼休みパレード 12:15〜 中之島水上ステージ➡スエヒロ
15日(木)京橋駅頭宣伝  17:30〜  
16日(金)昼休みパレード 12:15〜 中之島水上ステージ➡スエヒロ
16日(金)京橋駅頭宣伝  17:30〜  

 

あきらめずに、参議院で廃案に追い込む行動を!
大阪革新懇では「共謀罪」衆議院本会議強行採決に抗議し、以下の政党に抗議文を送りました。特に公明党への抗議が重要です。各職場・地域革新懇・賛同団体はもちろん、個人でもぜひ、抗議文を集中してください。
<抗議先>
〇自由民主党  FAX 03−5511−8855
〇公明党    FAX 03−3353−0457
〇日本維新の会 FAX 06−4963−8801

共謀罪強行採決に抗議し、
参議院では審議せず廃案とすることを求めます

進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)
〒530-0041大阪市北区天神橋1-13-15大阪グリーン会館3F
06-6357-5302 fax06-6357-9410

 「戦争する国」体制づくりの「共謀罪」法案が昨日23日、衆議院本会議で自民・公明・維新などの賛成多数で可決されました。提案側の法務大臣自身が説明できず、答弁不能に陥るという国会審議で、国民の多くが説明不十分だと批判が起きているさなかの審議打ち切り、採決強行に強く抗議するものです。
 「共謀罪」法案は具体的に危険な行為があってはじめて処罰するという近代刑事法の大原則を覆し、憲法で保障された内心の自由を侵害するものです。また、政府はテロ対策を口実に法案の必要性を述べていますが、審議の中で一般人が対象となり、テロ対策でないことも明らかとなってきました。「共謀罪」法案は、時の権力にさからうものを弾圧する道具となる危険な治安立法です。安倍政権の目的は日本を「共謀罪」で地ならしをして「戦争する国」にすることにあります。私たちは「戦争する国」に導く、物言えない監視社会をつくる「共謀罪」に断固反対するものです。
国連のジョゼフ・ケナタッチ特別報告者が「共謀罪」法案にかかわり、プライバシー権や表現の自由の侵害になると懸念を示し、安倍首相に対して質問を送ったことに対し、安倍政権は質問に答えないばかりか、「抗議」をするという国際的にも恥ずべき態度を示しています。これでは日本は世界から「ファシズムの国」とみられても仕方ないことになります。
このような自民・公明による独裁、ファッショ安倍政権の一日も早い退陣を要求するものです。また、このような危険な法案の採決を党利党略で先導した維新の会にも強く抗議するものです。
2017年5月24日

 

(アピール)
安倍首相の「2020年改憲」発言の撤回を求め、「市民と野党の共闘」の前進で憲法改悪阻止を呼びかけます

府民のみなさん
安倍首相は憲法施行70年を迎えた5月3日、読売新聞インタビューと改憲派の集会へのビデオメッセージで「9条1項(戦争放棄)2項(戦力不保持)を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」「2020年の東京オリンピックに合わせて施行をめざす」と語りました。これは9条3項を新たにおこし、自衛隊の存在を明記することで、なんの制約もなく海外で武力行使ができるようにするものです。
私たちは平和憲法の根幹を崩す重大な安倍首相発言を決して容認することはできず、厳しく抗議するとともに撤回を求めます。
すでに自民党は「国防軍」を創設する「憲法改正草案」を発表しています。しかし、今日まで安倍首相は憲法論議を「憲法審査会において議論を深めてもらう」とし、期限についても「期限ありきではない」と述べてきました。衆議院の憲法審査会でも9条は議論のテーマとなっていません。にもかかわらず、安倍首相がこのように踏み込んだ改憲発言をすること自体、憲法違反そのものであり、オリンピックを政治に利用してはならないとするオリンピック憲章を犯す行為であり、絶対に見逃すことはできません。
自民党内からも異論が出されていますが、日本維新の会は安倍発言を歓迎し「憲法改正の先兵として戦っていく」と安倍政権補完勢力としての態度を恥ずかしくもなく露骨にしています。
NHK世論調査では憲法9条の改正は「改正する必要はない」が57%で多数が改正を求めていません。また、「憲法9条は日本の平和と安全に役立っているか」の問いに「役立っている」と初めて8割を越えました。

府民のみなさん
野党4党も安倍政権の下での憲法改悪は許せないという点で一致しています。改憲を何としても阻止するためには、今、全国・大阪で広がる「市民と野党の共闘」「野党統一候補」つくりの市民運動にご参加ください。
韓国で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任しました。北朝鮮対話に意欲をもつ大統領の登場であり、北東アジアの平和的共存に、今こそ日本が憲法9条のちからを生かす時です。そんな思いで、安倍首相の「2020年改憲」発言の撤回を求め、「市民と野党の共闘」の前進で憲法改悪を阻止することを呼びかけます。

2017年5月15日
進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)
第3回代表世話人会

PDFはここから

(1) 2 3 4 ... 107 »