寝屋川革新懇2012年度総会 

寝屋川革新懇2012年度総会

声を上げ、行動した一年
  憲法・消費税・ゲンパツ・沖縄  対話と共同広がる

   総選挙を前にした12月1日、寝屋川革新懇「2012年度総会」が開かれ60名が参加し、活動の交流と次年度の課題と世話人体制を確立しました。
開会挨拶で葦田正幸世話人が「財界とアメリカいいなりの政治を変えるために、真の革新勢力の前進を」と訴えました。日本共産党12区候補吉井芳子さん、長 野晃廃プラの会事務局長が来賓挨拶。続いて事務局から①ねやがわ「原発ゼロの会」結成と市民集会開催、ゲンパツいややん行動」など草の根の運動が広がっ た。②橋下維新の会「独裁政治を許さない取り組み。③9条守れ・核兵器廃絶めざす「ナインデー」8年目、「日の丸・君が代」学校申し入れ13年目、消費税 増税反対「ファイブデー」5年目、校区九条の会の草の根運動、第3回「寄ってたかって美術展」500名参加、など共同が広がり、国民が声を上げ行動に立ち 上がった一年であったと報告。討論では、各分野・地域から10名の発言が行われた。
 記念講演は木津川計さん(雑誌「上方芸能」発行人)から「なにわ文化と維新」と題して、橋下大阪市長の権力と競争によって“文化を根絶やし”にし、都市格(文化)の低下と都市力(経済)の衰退を招いていると警鐘しました。(竹村)