原発ゼロ・南河内のつどいに821名参加

 10月2日に「救援・復興、原発ゼロをめざす南河内の集い」が藤井寺市民会館で行われ821名が参加しました。集会では府知事選予定候補梅田章二さんが 「今回の府知事選挙は3.11を受けて生活の在り方、政治の在り方を変える選挙」と府政革新の力強い決意を述べました。元全教委員長の山口隆さんが「大阪 維新の会」の教育基本条例、職員基本条例について厳しく批判、被災地福島県から日本共産党福島県会議員の藤川しゅく子さんが、福島の現状ととりくみを報 告。第2部では映画「無言館」を上映しました、参加者から「救援復興と府父選挙はつながっている。頑張る元気をもらった集いだった」と感想が寄せられまし た。