寝屋川ナインデー7周年

8月9日、ねやがわ憲法を守る会(事務局革新懇)と西南九条の会が合同で、第221回ナ インデー署名宣伝行動を寝屋川市駅西商店街入り口で行い、14名が参加し、署名が38人集まりました。2004年8月9日から「9条守れ、戦争はいやだ」 で始めたナインデーは9・19・29日の月3回市内3駅で続けられ、今回で7周年となりました。この間のナインデー参加者総数は3556名、署名は 11080人に到達しました。市内有権者過半数署名は48000人に近づいています。

 長崎に原爆か投下されて66年目の夏をむかえ「8月は6日・9日・15日と、忘れては ならない戦争・原爆を想いおこし、二度と戦争をしない平和の誓いを新たにする月です」「福島原発事故による放射能汚染に不安がつのるもとで、核兵器なんて もってのほか、原発も核兵器も人類は共存できない」の訴えに共感の声が寄せられました。買い物帰りの女性が自転車を止めて、帰宅途中のサラリーマンが次々 と署名に応じてくれました。

 ナインデーを続けている男性は「あ、今日は9日か、署名していこう」と言って署名板に向かう人がいた。継続の大事さを痛感させられた。と感想を語りました。