寝屋川9・19市民集合

9月19日「戦争法案」は廃止へ! 寝屋川市民集合
一人の自衛隊員も殺させない

 9月19日、戦争法成立強行を忘れない「改憲許すな・戦争法廃止へ寝屋川市民集合」が寝屋川市内3駅で行 われ100名を超える参加がありました。辰巳コータロー日本共産党参議院議員が情勢報告「自民党・公明党は一年前の今日、憲法違反の戦争法を強行可決し た、いよいよ安倍首相や稲田防衛大臣は国連も危ないと言っている南スーダンのPKO部隊に駆けつけ警護など危険な任務を実行させようとしています。戦後は じめて専守防衛の志で入隊した自衛隊員を戦場に送っていいのか、国民が声をあげなければなりません。10月26日からの臨時国会に向けて、野党の共闘をす すめ戦争アカン・九条変えたらダメ、戦争法廃止に全力をあげます」と訴えました。続いて、「一人の自衛隊員も殺させない」(革新懇代表)、「母は若くして 戦争未亡人で苦労した、戦争だけはアカン」(新婦人代表)、「子どもが4人いる、誰の子どもも殺させない」(共産党市議)、と訴えが続きました。
「自衛隊を南スーダンに派遣するな」「若者を戦場に送るな」「戦争法廃止」「野党は共闘」のポテカをかかげ、「自衛隊・青年を戦場に送らせない」のチラシを500枚配布しました。