ねやがわ第371回ナインデ―

  『戦争だけは絶対ダメ』  署名用紙を10枚持ち帰り
 2 月9日、「戦争法廃止」ねやがわ第371回ナインデ―署名宣伝行動が、京阪寝屋川市駅周辺3か所で行われ25名が参加、署名が80人集まりました。9日の ナインデーとしては最高の署名数を記録しました。5つの校区九条の会・母親連絡会・原水協6.9行動が合同して行われ、新しい2000万署名付きハガキを 300枚配布しました。
 「安倍首相は開会中の国会で、夏の参議院選挙の争点に憲法の明文改憲をかかげると答弁しました。3月には戦争法が施行され、南スーダンに派遣されている 自衛隊PKO部隊がアメリカの戦争に参加する危険が強まっています。みなさんの子どもや孫を戦場に送るようなことがあってはなりません」戦争法反対の声と 行動が全国各地で広がっています。全国2000万署名で戦争法を廃止させましょう」と訴えました。
「戦争だけは絶対ダメだ」と85歳の女性が署名に応じ、若者の署名が目立ち「高校生が3人も署名してくれた若者の反応が違う」と報告されました。また、 「周りで署名を集めるから」と署名用紙を2人の方が持って帰ってくれ、ひとりは10枚も持って帰るなど、参加者はから「こんなことは初めての経験だ」と大 きな変化にうれしい感想が寄せられました。
寝屋川では2月9日で署名が6千筆を突破。5月までに2千万署名目標を4万とし、28日には達成に向けて幅広い「戦争法廃止寝屋川連絡会」を結成する予定です。