寝屋川革新懇・戦争法強行採決に抗議

9 月17日午後4時30分ごろ参院安保法制特別委員会は、「戦争法案」を委員長職権で強行採決しました。昨夜の理事会では、安倍首相も出席して2時間の総括 討議を予定していたにもかかわらず、だまし討ちの様な強行採決を行いました。寝屋川市駅では、この強行採決を受け、怒りの集会・寝屋川市駅大宣伝行動を市 内3駅で行いました。集会には約200名が参加、「本当にくやしい」「今日を安倍政権の終わりのはじまりにしよう」「戦争法案賛成議員を来年の参議院選挙 で落選させよう」と12人がマイクを握り怒りのリレートーク。「憲法9条を守ろう」「戦争法案廃案へ」「強行採決は許さない」のコールが響き渡り、署名が 58筆集まりました。