寝屋川ナインデー10年

子供や孫を再び戦場に送らない
9条守れ・集団的自衛権撤回“ナインデー”10年目

 8月19日、ねやがわ憲法を守る会(事務局革新懇)と香里9条の会は、第319回ナインデー署名宣伝行動 を京阪電車香里駅西ロータリーで行い、10名が参加し「安部首相・公明党さん、ウソついて青年を戦場に送るのですか」のチラシを配布しました。2004年 8月9日から始まったナインデーは9・19・29日の月3回市内3駅周辺で続けられ、今回で10年目をむかえました。この間のナインデー参加者は5113 名、9条署名は市内合計で51223人となりました。
 6日、9日広島・長崎の慰霊祭での安部首相のコピペ挨拶への批判、被爆者の方々からの集団的自衛権行使容認に対する怒りの抗議行動など、戦争への道を許 さない声が国民的に広がっています。藤尾幸男さん(香里9条の会)は「安部首相は憲法9条をないがしろにして、日本を再び戦争をする国にしようと暴走して います。一日も早く安部さんに辞めてもらうことが必要ではないでしょうか」。西田まさみさん(市政対策委員)は「7月1日、安部首相の閣議決定強行と同時 にアイドルを使った自衛隊コマーシャルが流れ、自衛隊勧誘のダイレクトメールが高校生に送られ、家族が赤紙が来たとおどろいた」と紹介。子供や孫が再び戦 場に送られる国にしてもいいんでしょうかと訴えました。通行しながら拍手を送ったり、立ち止まって聞いてくれるなど共感の輪は広がっています。ねやがわ憲 法を守る会では、市内17の9条の会と共同し、有権者過半数10万人署名達成に向けて引き続き奮闘する決意です。