枚方革新懇が3月27日に学習会

枚方革新懇は3月27日、「革新懇とは何か」の学習会を開催しました。はじめて革新懇の話を聞く方など18名が参 加。大阪革新懇の金治事務局長が「革新懇とは何か」「なぜいま必要か」について、日本と大阪の統一戦線運動の歴史を振り返りながら説明、行き詰まっている 自公政権を国民本位に変え、新しい政治を切り開く上で革新懇の拡大強化が不可欠となっていると力説しました。枚方革新懇では毎月の世話人会で必ず学習を行 うことにしています。6月14日には年次総会を開き、地球環境問題で藤永延代さんが講演します。

証券・北浜革新懇が機関紙3月号を発行

証券・北浜革新懇は機関紙「証券・北浜だより」3月号を発行。「知り たい・しゃべりたいシリーズPart7~イギリスのパブのように飲みながら語り合おう」~を4月16日に開催することや5月24日に毎回好評の「平野さん ツアー」を武庫川渓谷で行うことなどを報じています。

職場革新懇の3月の活動から

●大阪損保革新懇は3月17日にニュースNO.92を発行しました。そこでは2月21日と3月6日に開いた「保険 と共済を考えるシンポジウム実行委員会」のことが掲載されています。実行委員会には26名が参加し、シンポジウムの基調報告やパネル報告の大筋が討議さ れ、多くの仲間の参加が呼びかけられています。
●大阪損保・日新革新懇は3月12日に異動で関西を離れる仲間の送別会をかねて、16回目のつどいを開催し16名の参加で大いに盛り上がりました。参加者 全員が「自らの思い」を語り、「革新懇存在の意義」「参加が楽しめる」など、職場でなかなか言えないことも語られ、次回の参加を約束して散会しました。

損保革新懇などで4月24日シンポ

保険と共済を考えるシンポジウム実行委員会は4月24日(木)午後6時30分からAAホール2階で、「国民生活に軸足をおいた損保代理店・外勤社員そして 共催の社会的役割を考える」をテーマにシンポを開催します。特別報告では、品川正治さんが発言されます。詳しくは、06-6232-1095まで。

枚方革新懇が第6回代表世話人会を開催

枚方革新懇は2月28日、第6回代表世話人会を開き、情勢を論議。福田内閣の支持率が下がり続けていることが話題 に。「21世紀臨調」を母体とした「せんたく」なる新しい政治集団が呼びかけられているが、我々の側の統一戦線がもう一つ盛り上がっていないことも話し合 われ、「革新懇とは」の学習会を持つことに。3月27日(木)午後6時半から枚方市民会館3階で(講師は大阪革新懇の金治事務局長)

河内長野革新懇が「日の丸・君が代」で申し入れ

河内長野革新懇は2月中旬から、河内長野市立のすべての小・中学校の校長と組合に「日の丸・君が代」強制するなの 申し入れを行いました。「教育に携わるものの責務として、日の丸・君が代をやる」という方はおられましたが、「職務命令を出す」というところはなく、「悩 ましい問題です」という反応が一般的でした。(河内長野革新懇ニュースNO.52、3月15日付)

北区革新懇が「憲法9条守れ・なくせ貧困の大運動を!総会&春のつどい」

北区革新懇は3月27日(木)午後6時半から、大阪グリーン会館2階ホールで「憲法9条守れ・なくせ貧困の大運動を!総会&春のつどい」を開催します。第1部が「年次総会」、第2部が「春のつどい」で、参加費は千円。飲み物と軽食が出ます。