第271回寝屋川ナインデー署名宣伝行動

  憲法危ない”のふんいきひしひし
   学生、若いお母さん次々署名

寝屋川憲法を守る会は19日、香里9条の会と共同で271回目のナインデー署名宣伝行動を京阪電車香里園駅 前で行い、6名が参加し25人の署名が集まりました。「安倍政権になって憲法改悪の動きがさしせまってきました、9条を変えて国防軍をつくり、集団的自衛 権の行使で戦争への道をすすもうとしています、まず96条がねらわれています」と訴えました。卒業式帰りの学生や乳母車をおした若いお母さんらが次々と署 名に応じてくれました。若い男性は「国防軍をつくって戦争をする気や」と署名に応じ、持っていたパンケーキを差し入れてくれました。自転車でかけつけた 28歳の青年がビラ配布に協力し、「福島原発で停電、冷却停止が起こっている、この国はどうなるのか、ビラ配布での無関心も怖い」と話しました。 
19日のナインデーに毎回参加する婦人は、「学生や子ども連れの方が署名に応じてくれるのは、今のせっぱつまった世の中のふんいきを感じておられるように思う」と感想を寄せました。寝屋川ではいよいよ9条署名50000人達成まじかとなってきました。(竹村)