消費税増税法案衆院で可決される

 

 社会保障・税一体改革の柱となる消費税率引き上げ関連法案のうち、消費税増税案が26日午後、衆院本会議で民主、自民、公明などの賛成多数で可決された。
 
記名採決で、民主党の小沢一郎元代表のグループのほか、鳩山元首相らが反対票を投じた。
 
消費税法改正案の採決に先立ち、被用者年金一元化法案や社会保障制度改革推進法案、認定こども園の拡充を柱とする子育て関連法案などの採決が行われ、可決された。(読売)