寝屋川で戦争法廃止連絡会立ち上げ

安保法制(戦争法)廃止寝屋川連絡会結成集会
多彩な支持・賛同者138名
署名は1万突破

 2月28日夜、「平和安全保障関連法」(戦争法)廃止寝屋川連絡会結成集会が開催され60名が参加しまし た。昨年12月から、安倍自公内閣が強行した戦争法を広範な市民と共同して廃止をめざす準備会を立ち上げ、学習会・市民集会を開催し2千万署名の推進、支 持・賛同者を呼びかけてきました。支持・賛同者は、医師・元校長・住職・俳優・自治会老人会役員・画家・工学博士・コーラス指揮者・労組委員長など多彩な 138名と広がり、署名は1万筆を超えました。
 結成集会では、フェイスブック9条の会の奥田昌博さんが「昨年10月から全国の仲間と交流し、毎週日曜日一人でスタンディングアピール署名を行っていま す。まだまだ知られておらず危機感がない、2千万署名がキーポイントになる」と呼びかけ人を代表して挨拶。続いて、「労組まわりで署名の訴えをすすめてい る」(寝屋川労連)、「毎日行動、地域路地裏対話で署名推進」(西部9条の会)、「子どもを戦争に行かせたくない、学習し行動を」(生協有志)、「86 歳、残された時間は少ない、2千万署名を何としてもやりあげたい」(被爆者の会)と経験交流と決意が表明された。
 最後に、葦田正幸準備会代表から当面の活動として、①支持・賛同者をもっと広げ、②3月19日、28日の統一行動、③野党は共同の取り組み推進、④役員・事務局体制の提案が行われ、4月末までの4万署名達成めざすことを参加者全員の拍手で確認されました。