寝屋川~原発反対行動100回目

寝屋川革新懇   ゲンパツいややん行動100回目

     川内原発の再稼動は許さない

 7月25日、2012年8月24日から毎週金曜日に続けている寝屋川ゲンパツいややん行動が100回目を むかえました。寝屋川市駅前で行われ、記念のリレートーク宣伝にのぼり・横断幕・プラスター・デコレーションを持って40名が参加、安倍首相がねらう川内 原発の再稼動は許さないのコールがひびきわたりました。「福島原発から16㎞で果樹園をやっていた友人は3年たっても帰れない、誰も責任をとってない」 (寝屋川・三井団地九条の会)「43年前に福島原発反対の運動をした、事故が現実になった、国の言うことをうのみにしてはいけない」(医生協・福島出身 者)「大飯原発差し止め判決は、安全に勝る人権はないという当たり前の判決だが感動を与えた」(大阪中央法律事務所弁護士)「原発と原爆は同じ、人類と共 存できない、いったん事故を起こしたら取りかえしがつかない」(原爆被害者の会)「寝屋川で市民共同発電所1号機を設置、すでに全国で原発7基分の発電 中」(自然エネルギー市民の会)「何の責任もない福島の農民が苦しんでいる、大人の責任で原発ゼロに」(新婦人)。最後に、ゲンパツいややん行動の提唱者 である3人の子どもをもつ前川奈緒さんが「福島原発事故のあと、子どもたちのために何かしなければと関西電力前行動に参加したが、地元で身近なところでと いややん行動をはじめた、再稼動をやめさせるために声をあげ続けたい」と訴えました。(竹村)