河内長野で戦争に進む道ストップ宣伝行動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 19 日(木)夕方、河内長野革新懇、憲法共同センターなどの呼びかけで、河内長野駅前で「戦争に進む道ストップ」「解釈で憲法を壊すな」の緊急宣伝を行いまし た。急な提起にもかかわらず、地域9条の会、年金者組合、障害児・障害者を守る会、教職員組合、日本共産党など、様々な団体からの参加で、参加者30名、 署名39筆、ビラ配布200枚と、元気に活動することが出来ました。リレートークにもたくさんの方が参加し、それぞれの思いをハンドマイクで訴えました。 手作りの横断幕も何種類も。「戦争への道許すな」のお互いの思いの深さ(や、河内長野の底力)を改めて感じ、お互い大いに励まされました。今日は、若者、 特に中・高生達が快く署名に応じてくれた事が一番元気をくれました。引き続き、様々な分野の取り組みに、力を合わせて頑張ります! ( 河内長野革新懇 鈴木晋司)