第274回寝屋川ナインデー

 子どもや孫が戦争にとられないように
萱島校区で憲法署名5000人突破

   寝屋川憲法を守る会は4月29日、萱島9条の会と共同で274回ナインデー署名宣伝行動を萱島・スーパー万代前で行い、9名が参加し34人の署名が集まり ました。2004年11月からはじめた校区署名行動は9年目となり、94回をかぞえ613名が参加、今回で5000人署名を市内他校区に先がけて突破しま した。
 「安倍政権のもとで憲法改悪の策動が強まっています、9条を変えて国防軍をつくり、集団的自衛権の行使で戦争への道をすすもうとしています、まず96条 がねらわれています」「改憲勢力は、北朝鮮や中国の動きをとらえて、平和ボケと攻撃しますが、武力で紛争は解決しません、爆弾が降り注ぐ戦争はこりごりで す」「改憲のハードルはアメリカをはじめほとんどの先進国は3分の2以上です」と訴えました。買い物帰りの婦人や若い人たちが次々と署名に応じてくれまし た。
 ナインデーに参加する男性は「憲法9条が改悪されて子どもや孫が戦争にとられる、そんな世の中にならないように、有権者過半数署名達成までガンバル」と話してくれました。寝屋川ではいよいよ9条署名5万人達成まじかとなってきました。