大阪革新懇・活動ニュース No.7

大阪革新懇・第4回代表世話人会を開催参議院選挙方針等を確認

 6月15日グリーン会館で第4回代表世話人会を開催し、堺市長選挙・参議院選挙などの政治論議を行うとともに、参議院選挙に向けた方針と具体的とりくみを確認しました。
 堺市長選挙結果について、多くの代表世話人がこれまでの反維新の共同と「都構想」問題が維新を最後まで追い詰め、善戦・健闘したと評価。
 交流では、「維新はドブ板選挙で固定票を固める組織戦を展開したが、決して新しい層に広がっていない。侮ることはできないが、固定票を上回るとりくみがあれば打ち破れる。」「『都構想』問題は維新の弱点であり、2023年のトリプル選挙(統一地方選挙、知事・大阪市長選挙)で一気に変えることは出来る。当面は、参議院選挙で市民と野党の共闘を前進させること」「共通政策となった13項目を基本に希望と政治の中身を語ること、とりわけ年金2000万円不足問題が参議院選挙の大きな争点となり、対話を広げることが重要」などの意見が出されました。

~年金「2000万円不足」問題が一大争点に浮上、安心できる年金制度を~

 大阪革新懇は、7月の参議院選挙で安倍政権を終わらせるために、「3つの共同目標」を掲げる政治勢力の躍進を願い奮闘します。

 比例区では日本共産党をはじめ立憲野党の躍進のために力を尽くします。そのために、憲法改悪阻止・戦争法廃止など、野党共闘で確認された共通政策を学び、会員や有権者にアピールします。大阪革新懇としても参議院選挙アピールを発表し、独自宣伝にとりくむとともに、「活動ニュース」を積極的に発行し、団体・地域、職場革新懇などのとりくみを紹介します。

 「2000万円貯めるより安倍政治を倒して、安心して暮らせる年金を」「消費税10%ストップ。金持ちから税金を」など工夫した訴えで、直ちにすべての構成員と有権者への対話を広げ、担い手づくりをすすめましょう。

寝屋川第340回ゲンパツいややん行動~福島と石川の農民連代表が訴え~

 6月7日(金)京阪・寝屋川市駅前で第340回目の「ゲンパツいややん行動」が行われました。

 福島農民連産直協同組合代表理事の本多芳司さんが、「原発事故によるセシウムの拡散で米作りは全数検査が続き、耕地の8割は放置され、いつになったら元に戻るのか。東電は損害賠償を拒否し続け、政府はオリンピックを前に原発事故はなかったことにしようとしている。原発は再稼働させない、安全・安心・未来のために頑張っていきたい」と訴えました。

 石川県農民連会長の宮岸美則さんは、「2機ある北陸電力の原発は大阪や関西に供給している。地下に活断層が見つかったのに危険を承知で再稼働を進めている、北陸は自然エネルギーの宝庫で原発に頼らなくてもやっていける。参議院選挙で日本の将来、未来の子ども達のために安全を受け渡していこう」と強調しました。