戦争あかん河内長野集会

  4月10日、「戦争あかん 9条大好き アベやめろ河内長野集会」が行われました。主催は同実行委員会。同市内中村池公園に、思い思いのプラカード持参で106人が参加。ギターの歌声、「全国の 参院一人区で野党統一候補擁立への動き。参院選勝利で戦争法廃止の流れを」の開会挨拶の後、10人がリレートーク。「戦争の道具作るのやめよう、誰の子ど もも殺させない(女性)」「戦後まもなく貧しい中、母が結核で死んだ。戦争がなかったら… の父の言葉が忘れられない(年配者)」「秘密保護法、メ ディアへの圧力、結婚も出来ない若者の不安定雇用、沖縄基地の押しつけ、全てが戦争モード。安保法制はその仕上げ。立場を超えて共同を(若者)」「育鵬社 の教科書採択は戦争に向かう道の一環、4年後に採択させない運動、市への意見集中を(元教員)」「学年で取り組んだ、アレンネルソンさんを取り上げた平和 教育にクレーム、総理が憲法をないがしろにする一方で、憲法守ろうの実践に圧力。教育現場は大変だが教職員の9割近い署名が。育鵬社教科書の毒を抜く実践 も始まっている。集会に参加できなくとも思いは同じ(元市教組)」 集会の途中、持ち寄ったプラカードを掲げて全員で写真撮影、歌声も。集会後のパレードには沿道から飛び入りの人も二人。河内長野駅到着後、リレートークと 署名活動。28人、30分間で48筆の署名が寄せられました。同実行委では8日に市内4高校の始業式門前宣伝も実施。32人で402枚のビラを高校生に手 渡しました。署名は1万筆近くを集約。更に積み上げようと奮闘中。

     戦争法廃止河内長野実行委員会 鈴木晋司