大阪革新懇・活動ニュース No.15

全国・大阪革新懇 10・17大阪市廃止・解体NO!合同行動 ~「住民投票」逆転勝利へ~

 10月17日(土)は、大阪市廃止・解体の是非を問う「住民投票」で再び勝利するために、9月26日(土)に続き2回目の大阪市廃止・解体NO!合同行動を実施しました。近畿各府県の革新懇、東京・大田区革新懇、香川革新懇など大阪を含め8都府県から60名が参加しました。集会あいさつで、大阪革新懇代表世話人の渡辺武・元大阪城天守閣館長は、「5年前の住民投票は70万票対69万票で僅差の勝利だった。今回も全く油断できない。大阪市廃止・解体を阻止し、本当の意味で文化・歴史ある大阪をもっと住みよい街にしていこう」と呼びかけました。

 全国革新懇・大阪革新懇共同行動次に大阪革新懇の小林優事務局長代行が、大阪「都構想」をめぐる情勢と論戦の特徴を報告。小林氏は、「情勢は各種世論調査でも都構想『反対』が『賛成』を激しく追い上げている」と、資料を示し説明。対話・論戦では「住民要求をもとに住民サービスがどうなるのかを伝えることが重要」と強調し、「広範な市民に都構想の問題点と大阪の将来への展望を広げ切れば必ず勝利できる」と力を込めて語りました。

 その後、雨天の中を5隊に分かれて駅頭やスーパー前などでハンドマイク宣伝を実施。市営住宅のベランダから手を振って応援する人、店から出てきて「頑張って」と激励する人がいる一方で、維新や公明党の宣伝カーと出くわすなど、「住民投票」は激戦の様相を呈しています。大阪革新懇は、大阪市廃止・解体を阻止するために最後まで全力を尽くします。

~がんばっています地域・職場革新懇 <PART18>~

<大阪12区市民連合> 学習決起集会 「都構想」反対、野党連合政権の誕生を

 10月10日(土)大阪12区市民連合は、次期総選挙と迫る「都構想」反対の「学習決起集会」を大東市民会館で開催し、100名を超える市民が参加しました。はじめに、12区市民連合呼びかけ人代表の加藤順教さん(浄土真宗僧侶)が、「自民党政治は家相続の封建主義、菅首相は自分の言葉で語れない、一般のマスコミ報道だけでは真実はわからない、政治を変えよう」とあいさつ。次に来賓あいさつで、12区立候補予定の松尾正利さん(日本共産党)が「野党連合政権誕生へ12区から野党共闘に全力を挙げる決意です」と語り、同じく宇都宮ゆうこさん(無所属)が「野党共闘で政権交代をめざします」と決意を表明しました。

 続いて、富田宏治さん(関西学院大学教授)が「都構想と住民投票&野党連合政権の展望」と題して講演。富田教授は、「新型コロナで世界が大きく変化した。新自由主義で進行した貧困・格差・差別・分断が誰の目にも明らかとなった。日本では、『アベのままでスガ内閣が発足』。コロナのもとで菅政権は自助を語り、学術会員で大問題に、大阪維新は都構想に明け暮れる。格差と貧困の広がりのもとで政治の変革を求める時代を迎えている。野党共闘で政治を変えなければならない。野党共闘2000万票、無関心層3割の投票率を上げ、みんなの力を合わせて野党連合政権をつくろう」と締めくくりました。

<訂正> 10月12日発行の活動ニュースNo15は、No14の誤りでした。今回の活動ニュースがNo15です。謹んで訂正します。

10・17大阪市廃止NO!全国・近畿圏革新懇合同行動に参加して

10・17大阪市廃止NO!全国・近畿圏革新懇合同行動に参加して

羽曳野革新懇 西村 裕行事務局長

 第2回合同行動が17日(土)住吉区で行われました。11月中旬を思わせる寒さと冷たい雨がふる悪条件のもと、羽曳野革新懇から4メートルの手作り横断幕(右下写真)とプラスター4枚、4万5100円の第1次分募金を携えて4名で参加。羽曳野革新懇

 近畿圏は勿論、香川・東京からも参加されていました。各府県の代表が共通して語られたことは、「維新が各地の首長や地方議員にじわじわと進出してきている、何としても阻止したい。そのためには大阪の『住民投票』でNO!を突きつけることが重要と思い、参加した」ということです。参加して、今回の「住民投票」の結果が全国に大きな与えることを痛感しました。

 意思統一後、参加者は5班に分かれて対話、宣伝行動を開始。羽曳野の4名は、河南革新懇ネットのみなさんと一緒に渡辺武大阪革新懇代表世話人が団長の第5班20人で行動。スーパー前ではヤッケを着た自民党の運動員が2人でビラを配っていましたが、私たちが到着すると笑顔で交代してくれました。市営住宅が林立する地域に入り、ベランダに向けて宣伝をすると、どの棟からもベランダから顔を出して、手を振る人々の姿に勇気をもらいました。「まるわかりパンフレット」の受け取りもよく、対話をすると「住民サービスがどうなるか」などで迷っている人がたくさんいることも分かりました。残すところあと10日、迷っている人にどれだけ真実を伝えることができるかが、勝敗のカギを握っています.

 

大阪革新懇 活動ニュースNo.14

全国革新懇・大阪革新懇 9・26大阪市廃止・解体NO!合同宣伝

~「廃止反対」に賛同する市民が ぞくぞくと~

 9月26日(土)全国革新懇と大阪革新懇は、「大阪市廃止・解体NO!合同集会」を開催。その後、JR天王寺駅前となんば高島屋前で街頭宣伝を行いました。全国革新懇から小田川義和代表世話人(全労連顧問)、小畑雅子代表世話人(全労連議長)など6人、近畿から5府県すべての革新懇から12人、大阪革新懇の代表世話人・渡辺武さん、伊賀興一弁護士、菅義人常任代表世話人(大阪労連議長)をはじめ地域革新懇、職場革新懇、賛同団体を含めのべ120人が参加しました。

全国大阪革新懇合同宣伝 合同集会では日本共産党井上ひろし大阪市議が、「都構想」の本質とねらいを報告し、力を合わせて2度目の「住民投票」に勝利しようと訴えました。

 JR天王寺駅前で訴えた全労連の小畑雅子議長は、「維新政治のもとで住吉市民病院などが廃止され、医療・公衆衛生などの切り捨てが進んだ」と指摘し、「大阪市解体は地方自治壊し」と訴えました。

 街頭宣伝では約600枚のビラが受けとられ、立ち止まってビラを読む青年など対話を通して「大阪市廃止反対」に賛同する市民が、ぞくぞくと現れました。

第3回「政策フォーラム」 本気の共闘で政権交代を実現させよう

 平松邦夫元大阪市長ら6氏が呼びかけた「市民アピール」にもとづき、アベ政策フォーラム政治を継承する菅政権と維新政治を終わらせるための議論を加速させようと、10月3日(土)第3回「政策フォーラム」をターネンビルで開催しました。立憲野党から、日本共産党の清水ただし衆議院議員、立憲民主党府連副代表の尾辻かな子衆議院議員、社民党府連常任顧問の服部良一元衆議院議員、れいわ新選組の大石晃子大阪第5区総支部長が出席し、大阪市廃止の賛否を問う「住民投票」と、「アベ政治を継承する菅政権と維新政治を終わらせるための政策要望・大阪項目(案)」について、活発に議論しました。

 「大阪項目(案)」は、①「都」構想反対、住民福祉の向上をめざす自治体を、②カジノ反対、中小企業が地域を支える大阪を、③コロナ対策拡充・強化を、④人情味ある大阪、多様性尊重の大阪を、の4項目。「政策フォーラム」の冒頭で、平松さんが紹介・説明しました。

呼びかけ人の中野雅司さん(浪速産業株式会社社長)も、「維新政治で公務員を減らし、緊縮財政をすすめたことが大阪経済を疲弊させた。維新の経済政策は間違いだ」と力説。「野党共闘のイメージが必要で、多くの国民に伝わる『共通の言語』をつくることが大切だ」と語りました。木戸衛一阪大教授は、「野党が互いの個性を生かしつつ、さまざまな政策とともにグランドデザインを描いてほしい」と提案しました。

石田法子(弁護士)さんから、「大阪都構想」についてのメッセージが大阪革新懇に寄せられました。大阪革新懇だより第210号には掲載できなかったので、以下に紹介します。

石田法子(弁護士)

「いっぺんやらせたろや」「なんか変えてもええんちゃう」「イケメン知事応援したろ」…荒野への片道切符です!!わからん時は、「ちょっと待て」とストップしましょう。

 

大阪革新懇だより 第210号

大阪市廃止STOP ひとことメッセージ

↓ 画像をクリックすると大きくなって読めます

大阪革新懇だより210号1面

石田法子(弁護士)さんから、「大阪都構想」についてのメッセージが大阪革新懇に寄せられました。大阪革新懇だより第210号には掲載できなかったので、以下に紹介します。

石田法子(弁護士)

「いっぺんやらせたろや」「なんか変えてもええんちゃう」「イケメン知事応援したろ」…荒野への片道切符です!!わからん時は、「ちょっと待て」とストップしましょう。

<大阪12区市民連合> 学習決起集会

<大阪12区市民連合> 学習決起集会 「都構想」反対、野党連合政権の誕生を

 10月10日(土)大阪12区市民連合は、次期総選挙と迫る「都構想」反対の「学習決起集会」を大東市民会館で開催し、100名を超える市民が参加しました。はじめに、12区市民連合呼びかけ人代表の加藤順教さん(浄土真宗僧侶)が、「自民党政治は家相続の封建主義、菅首相は自分の言葉で語れない、一般のマスコミ報道だけでは真実はわからない、政治を変えよう」とあいさつ。次に来賓あいさつで、12区立候補予定の松尾正利さん(日本共産党)が「野党連合政権誕生へ12区から野党共闘に全力を挙げる決意です」と語り、同じく宇都宮ゆうこさん(無所属)が「野党共闘で政権交代をめざします」と決意を表明しました。

 続いて、富田宏治さん(関西学院大学教授)が「都構想と住民投票&野党連合政権の展望」と題して講演。富田教授は、「新型コロナで世界が大きく変化した。新自由主義で進行した貧困・格差・差別・分断が誰の目にも明らかとなった。日本では、『アベのままでスガ内閣が発足』。コロナのもとで菅政権は自助を語り、学術会員で大問題に、大阪維新は都構想に明け暮れる。格差と貧困の広がりのもとで政治の変革を求める時代を迎えている。野党共闘で政治を変えなければならない。野党共闘2000万票、無関心層3割の投票率を上げ、みんなの力を合わせて野党連合政権をつくろう」と締めくくりました。

<訂正> 10月12日発行の活動ニュースNo15は、No14の誤りでした。今回の活動ニュースがNo15です。謹んで訂正します。

都構想解説(動画)

都構想学習会part1
都構想解説1 大阪維新はどんな党? 約12分

 

都構想学習会part2 
都構想解説2 都構想ってなに? 約12分

大阪革新懇40周年記念講演会(4月18日)は 延期します

 4/18(土)予定の大阪革新懇40周年記念講演会は、新型コロナウィルス感染者が大阪でも急速に広がっている状況を踏まえ、当面延期します。新型コロナウィルス感染が収束した段階で、改めて関係者と協議して実施する予定です。ご理解よろしくお願いします

大阪革新懇40周年記念講演会~今日と違う明日を拓く

大阪革新懇40周年記念講演会➜ この案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)