大阪革新懇活動ニュースNo.21

大阪革新懇 希望を拓く野党共同宣伝in京橋

 正月明けの1月8日(月・休)大阪革新懇は、金権腐敗にどっぷりつかった自民党政治を終わらせ、維新の暴走政治をストップさせて、市民と野党の共闘で希望ある政治を切り拓こうと、立憲野党の共同街頭宣伝をJR京橋駅前で開催し、35名が参加しました。立憲民主党大阪府連代表の森山ひろゆき衆議院議員、日本共産党のたつみコータロー元参議院議員、社会民主党副党首の大椿ゆう子参議院議員がリレートーク。
 「自民党裏金問題が大変な状況となり、政治資金規正法違反で検察が動いている。自民・維新がすすめる夢洲万博のせいで震災復興が遅れることは許せない。政治は国民のためにある。立憲野党がしっかり発信し、今年日本の政治を大きく変えよう。」(森山氏)、「共産党は、一日も早い能登の復旧・復興、活断層があるもとで原発廃止を求めている。政治と金の裏金問題で、今必要なことは企業・団体献金、パーティー券の禁止。そして夢洲万博を中止することである。市民と野党の共闘をさらにすすめ、自民党政治を変えよう」(たつみ氏)、「労働者の使い捨ては許さない、賃金上げろなどの声を国会に届ける。地震の多いこの国で原発はいらない。維新の万博予算は上振れ続き。今万博を中止して被災地支援に集中すべき。いまもガザ地区ではたくさんの命が失われている。社民党は、『ガンコに平和』を訴える」(大椿氏)などと、道行く人々に熱く語りました。
 その後、参加者全員で「自民党政治はもういらない、維新の暴走政治ストップ」などとコールし、物価高のもとで暮らしや福祉をよりよくしてほしいと願う市民がスピーチしました。同時に大阪革新懇は、能登半島地震の災害支援募金にも取り組みました。大阪革新懇の杉本和代表世話人(新日本婦人の会大阪府本部)が開会挨拶を、村上史好代表世話人(立憲民主党前衆議院議員)がまとめの挨拶をしました。

大阪革新懇 アメリカ領事館前でスタンディング宣伝

   ~ ガザ地区への無差別攻撃ストップ! パレスチナに平和を! ~
 1月11日(木)大阪革新懇・大阪平和委員会・原水爆禁止大阪府協議会・全大阪労働組合総連合の4団体は、イスラエルがパレスチナ・ガザ地区への無差別攻撃を開始して3か月が経過するもと、ガザ地区への無差別攻撃をトップさせ、即時停戦を求めるためにアメリカ領事館前でスタンディング宣伝を行い40名が参加しました。
 大阪平和委員会、大阪革新懇、子どもの権利NGO・大阪、民青同盟大阪府委員会、原水爆禁止大阪府協議会、全国福祉保育労働組合大阪地方本部の各代表が、「イスラエルはガザへの軍事攻撃をやめろ」「アメリカはイスラエルのジェノサイドを止めさせろ」「「パレスチナに平和を」などと訴えました。
 イスラエルの国際人道法に違反する暴挙に対して、国連総会は昨年10月に「人道的休戦」を求める決議を121カ国の賛成で採択し、12月には「人道的停戦」を求める決議を153カ国で採択。世界各地の人々が「集団虐殺を許すな」「即時停戦を」等の声を上げ、イスラエルとアメリカの両政府は世界からいっそう孤立しています。

大阪革新懇活動ニュースNo.17

~ がんばっています地域・職場革新懇 <PART55> ~

<革新懇河南ネットワーク>   浜矩子さんが「魂ある政治の実現を」と講演
 11月4日(土)革新懇河南ネットワークは、富田林市民会館で講演&決起集会を行いました。記念講演は全国革新懇代表世話人で同志社大学名誉教授の浜矩子さん。「魂ある日本の復活をめざして〜無魂社会から脱却するために必要なこと〜」をテーマに、オンライン併用でも熱のこもったユニークな講演会となりました。

 浜さんは、岸田首相を「自民党という井戸の中をあっちへフラフラ、こっちへフラフラする鮒侍」「鮒侍男には魂がない。だから無定見に大軍拡に走り、突然“還元減税“を言い出す」と喝破しました。その上で、①他者の悲しみを悲しみ、人間を幸せにできる、②人権を侵さない、③人間を使い捨てにせず、分断と孤立を許さず、才能を開花させる、④「下心政治」ではなく、弱者の政治生命維持装置としての政策を実施する「魂ある政治」の実現を呼びかけました。

 講演後の質疑応答で浜さんは、維新を「ポピュリスト的手法で権力を握る下心で動いている」と断罪し、「希望と平和と共生のための〝陰謀〝チームをどうか津々浦々に広げましょう」と、ユーモアたっぷりに熱く呼びかけました。
 
 続いて主催者を代表して、富田林革新懇の奥宮直樹さんが今後の行動を提起しました。奥宮さんは、「①身近な切り口での旺盛な対話、②マスコミに負けない知恵と工夫の大宣伝、③立憲野党を繋ぐ革新懇運動と組織の強化」の3点を提起し、「浜さんの提起に応え、みんなで頑張ろう」と熱く訴えました。
講演&決起集会には河南各地から101人が参加し、5万円近くのカンパが寄せられました。

<枚方革新懇>  駅前開発・新庁舎移転に反対する市民共同が継続
 9月の市長選挙後も、枚方駅前大型開発や新庁舎移転に反対する市民共同の運動が継続しています。
 枚方革新懇に加盟する団体は、「考える会」の一員として、また新婦人枚方支部は「市民ネットワーク」の中心メンバーとしてフル回転。10月4日(水)市役所を囲むヒューマンチェーン行動には200人以上が集い、10月7日(土)緊急学習会には165人が参加するなど、4つの団体を中心に作られた「市民ネットワーク」の諸行動に、多くの市民が参加しました。
 市役所を囲むヒューマンチェーンには、ベビーカーを押す子育てママや若い夫婦連れが参加し、学習会は市内在住者が講演するなど、市民共同の運動が継続し広がっています。

大阪革新懇活動ニュースNo.16

期待高まる!「講演と文化のつどい」2023
講演は「サンデーモーニング」元村有希子さん(毎日新聞論説委員)        文化行事は笑配師・花吹雪紫音さんのエンタメ・マジックショー

 大阪革新懇の恒例企画「講演と文化のつどい」が今年12月2日(土)午後2時より大阪私学会館で開催されます。一昨年は金平茂紀さん(ジャーナリスト)、昨年は山極寿一さん(元京大総長)で大変好評でした。今年は、女性ジャーナリストで現職の毎日新聞論説委員の元村有希子さんです。1989年に九州大学を卒業後、毎日新聞社に入社。科学環境部部長などを経て2019年から毎日新聞論説委員として活躍されています。2006年には「理系白書」報道で第1回科学ジャーナリスト大賞を受賞しています。TBS「サンデーモーニング」などにも出演し、鋭い論評には定評があります。

   偉大なアマチュアが何を語る!? 

 彼女は「新聞記者は『偉大なアマチュア』であれ、が持論である。長くこの仕事をしていれば、専門分野や得意分野ができてくる。それでもわけ知り顔の専門家になってはいけない。その世界を知り尽くす専門家からどれだけ旬な情報を引き出せるかが、記者の本分だと思う」と語っています。文系(教育学部)出身の彼女が、科学環境部に配属されて、「偉大なアマチュア」としてキャリアを積み様々な分野での発信を続けています。テレビでは、時間もなくて、言えなかったことをたっぷりとお聞きする絶好の機会です。

文化行事 笑配師(しょうはいし)  花吹雪(はなふぶき)紫音(しおん)

 関西、奈良を中心に全国各地に笑いと元気を届けています。マジシャンとして16年のキャリアと介護福祉士と笑い療法の資格も持ち、福祉分野でも大好評の笑配師。被災地での復興ボランティアや不登校の子どもたちの悩みに関わる活動にも取り組んでおり、他ではちょつと見られないエンタメショーをご披露します。もちろん、手品も面白く、楽しいもので不思議と笑いをお届けします。乞うご期待!!

申し込みは、大阪革新懇ホームページ又はFAXにてお申し込みください。
ユーチューブ視聴は12月5日(火)まで可能です。参加協力費1000円です。